食べ物

妊活中も適度に運動した方がいい?

現代人の特徴として、連日仕事ばかりで運動が足りていないということが挙げられます。
運動不足は様々な健康に害を与えてしまいますし、美容にも多大なる悪影響を与えてしまいます。
それでは、妊活中も適度に運動をした方が良いのか調べてみました。

妊活と運動を並べて考えてみますと、「あまり関係無いじゃないか」と思ってしまうかもしれませんが、実際には非常に重要なことといえます。
特に女性は、妊娠しやすい体質を作り上げるために、運動は必要不可欠です。
冷え性で悩む女性は多いかと思いますが、冷え性の原因の一部は運動不足であり、また冷え性は着床しにくいとされています。

運動をすることによって、身体全体の代謝がアップし、その結果冷え性が改善され、間接的に妊娠しやすくなるワケです。
私達人間というのは、年齢を重ねることによって徐々に代謝能力が低下してしまいます。
ですので、中高年以降の方が妊活をする時に、運動することはとっても大切です。

しかし運動と言いましても、激しい運動をするのは避けてください。
あまりにも身体を動かし過ぎると、その分体内に活性酸素が溜まってしまい、卵子を老朽化させるだけではなく、入ってきた精子も同時に老朽化させてしまうのです。
活性酸素を抑えつつ運動する方法として、あまり汗をかかない程度のウォーキング、または軽いランニングがオススメです。
一日10分といった短い運動時間でも十分に効果を期待出来ることから、日頃仕事や家事で忙しい方でもそこまで無理することなく実践出来るかと思います。

あとは自宅で気軽に出来る妊活ヨガと呼ばれるストレッチ体操が挙げられます。
ヨガは妊活に良い影響を与えてくれるだけではなく、アンチエンジング効果もありますので女性に大変オススメです。"

これら運動の効果を最大限発揮するためには、毎日栄養バランスのとれた食事をすることも大切です。
料理が難しい場合には、妊活に効果的なサプリメントも多く発売されていますので是非食生活のサポート的に活用してみてください。