食べ物

立ち会い出産しよう

長い妊活の努力があり、念願だった赤ちゃんがお腹の中ですくすくと育ち始めます。
約10ヶ月後には出産という大イベントが待っているワケですが、最近では立ち会い出産が流行しています。
そこでここでは、立ち会い出産のメリットやデメリットなどを簡単にご紹介していきます。

まずどうして立ち会い出産が今流行しているのかと言いますと、やはり子供が誕生する瞬間を一緒に味わいたいからです。
出産というのは、長い人生の中でも一大イベントであり、一生のうちに何度も訪れてくるものではありません。
実際に出産した経験のある女性ならわかるかと思いますが、分娩室では死にそうなくらい強い痛みや苦しさがありますが、いざ出産が終わると、その痛みも一気に無くなります。

このような感動を一生のパートナーである夫に味わってもらうことによって、夫婦間に強い絆が生まれ、子供に対する愛情もより一層増すことでしょう。
最近では芸能人も立ち会い出産を望んでいる傾向にあり、実際にブログやSNSなどで、立ち会い出産したことを報告しているケースが多くあります。
中には、出産中を動画で記録し、それをテレビで公開したタレントもいました。

しかし立ち会い出産が必ずしも皆様にオススメしたいワケではありません。
想像してみてください。
出産時というのは、激しい痛みから叫んでしまうこともありますし、下半身を思いっ切り力むのですから、時に便が排出されることもあります。
そのような状況は、いくら夫婦であっても絶対に見られたくない、という女性も多いかと思います。

確かに便の排出を見られるのは抵抗があるかと思いますが、そんなことは普通に誰にでもあることですし、助産師さんも当たり前のようにスッと綺麗にしてくれます。
全く恥ずかしがる必要の無いことですが、それでも抵抗がある場合には立ち会い出産は止めておいた方が良いかもしれません。"

せっかく妊活をして産まれて来てくれた赤ちゃんなのですから、お互いが納得すれば是非立ち会い出産をしてみてください。
立ち会い出産をした人にしかわからない感動を超える感動を夫婦一緒に味わうことが出来るハズです。